ウェディングドレスの歴史、概要

Home

ドレスとは、衣服・衣装・服装などの総称。特に、ワンピース型の婦人服のことをさす。
ドレスは、正装や礼服などの場合に着用される。 ウェディングドレス、チャイナドレスなど様々あり、いろんな用途がある。 ドレスとともに装飾品もたくさん含まれている。
結婚式に花嫁が着るドレス。ウェディングドレスは花嫁を象徴する純白のドレスが一般的に着られる。

ローマ帝国時代からウェディングドレスが使われていた ウェディングドレスは、結婚式で花嫁が着用するドレスのことをさす。 キリスト教とともに普及されたとされる。
キリスト教が広まり、その際に花嫁が婚姻儀礼用に着用していたのが始まりである。
日本では、1873年に長崎の女性が中国人と結婚した際に初めてウェディングドレスを着用した記録がある。 日本では初め、ウェディングドレスというものがなく、海外から購入していた。 ウェディングドレスは、キリスト教における儀礼用の衣装であったため、戒律にとても厳しかった。

古代ローマではサフランの花で染めた色が良いとされ、黄色が主流であった。 バロック時代から白が用いられるようになった。 世界各国の諸文化には独自の結婚衣装があったため世界的に広まったのは最近のことである。

1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 幼児教育は伸芽会で